“活動を知る” に戻る

2015年度 神奈川県中郡大磯町国府本郷1805-2

<主催>

一般社団法人スペースウェザー協会
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<後援・共催>

九州大学、星槎グループ、学校法人国際学園、星槎大学

<開催日時>

平成27年8月20日 10:00-16:00

<開催会場>

星槎湘南大磯キャンパス

<開催所在地>

神奈川県中郡大磯町国府本郷1805-2

<対象>

小学校3年生-中学校3年生

<応募人数>

50

<参加人数>

45

<参加費>

無料

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
10:30-11:10

(講義)宇宙ブラックホールについて

ブラックホールについて、小中学生に理解できるような内容のお話しをしました。むずかしい内容もありましたが多くの子どもたちは興味津々でした。質問も多く出ました。

大家 寛 (東北大学大学院理学研究科名誉教授)
11:25~12:00

(講義)小惑星探査機「はやぶさ2」について

小惑星探査機「はやぶさ2」について、ロケットの飛ぶしくみ、はやぶさ2の役割、現在の状況等についての話しをしました。2020年の帰還まで、みな楽しみにしていると思います。

小原 隆博(東北大学惑星プラズマ・大気研究センター センター長)
13:00-16:00

(工作・実験)ペットボトルを使った水ロケット作製

1.5Lペットボトルを利用した水ロケットの作製。1日目として尾翼、ノーズコーンの取り付けを行ないました。ビニールテープやマジックで各自好きな絵や模様を描くところも楽しんでいました。

三橋 国嶺(スペースウェザー協会)
ページトップへ