“活動を知る” に戻る

2016年度 神奈川県中郡大磯町国府本郷1805-2

<主催>

一般社団法人スペースウェザー協会
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<後援・共催>

九州大学、星槎グループ、学校法人国際学園、星槎大学

<開催日時>

平成28年8月24日 10:00-16:00

<開催会場>

星槎グループ湘南大磯キャンパス

<開催所在地>

神奈川県中郡大磯町国府本郷1805-2

<対象>

小学校3年生-中学校3年生

<応募人数>

50名

<参加人数>

38名

<参加費>

無料

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
10:15-11:05

(講義)「太陽をもっと知ろう」

太陽の活動と地球・生物への恵みついての話し。太陽及び地球の自然なくしては人間をはじめとする生物は生きていくことができないことを理解し、自然の大切さを認識する。人工衛星による太陽活動の画像を見て、目には見えない太陽の姿を知る。

上泉 義朗(スペースウェザー協会)
11:20-12:15

(工作・実験)ペットボトルを使った水ロケット制作(つづき)

ペットボトルを利用した水ロケットの制作のつづき。スイングテストを行なう。

三橋 國嶺(スペースウェザー協会)
13:30-14:55

(工作・実験)ペットボトルを使った水ロケット制作(つづき)

各自制作したペットボトルロケットをサッカーグランドにて打ち上げ実験

三橋 國嶺(スペースウェザー協会)
14:55-15:00

(工作・実験)ペットボトルを使った水ロケット制作(つづき)

予想以上にロケットが遠くまで飛び、皆満足して終了しました。

三橋 國嶺(スペースウェザー協会)
ページトップへ