“活動を知る” に戻る

2011年度 鹿児島県鹿児島市

<主催>

鹿児島市立科学館
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<開催日時>

平成23年11月19日 10:00~12:00、13:30~15:30

<開催会場>

鹿児島市立科学館

<開催所在地>

鹿児島県鹿児島市

<対象>

幼児(4歳以上)~小学2年生

<応募人数>

61組194名

<参加人数>

36組91名

<参加費>

無料

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
10:00~11:00

熱気球を作って飛ばそう

最初に、熱気球の仕組みとして空気の話をしました。暖められた空気が膨張して上がっていく原理を簡単に説明しました。その後、大きなビニール袋4枚を組み合わせた熱気球を親子で工作をしました。最後に打ち上げを行いました。

有水 勝一郎
11:05~12:00

星砂で星座絵をかこう

最初に、星座についてその始まりや黄道12星座、夜空での探し方のコツなどを紹介しました。その後、あらかじめ聞いておいた参加者(子ども)の誕生星座絵パネルの星の部分に、木工用ボンドを使って星砂を付ける工作を行いました。最後に星砂に蓄光用ペイントを塗って完成しました。12月10日の皆既月食や12月15日に極大を迎えるふたご座流星群の話題なども紹介しました。

井手 学
13:30~14:30

熱気球を作って飛ばそう

最初に、熱気球の仕組みとして空気の話をしました。暖められた空気が膨張して上がっていく原理を簡単に説明しました。その後、大きなビニール袋4枚を組み合わせた熱気球を親子で工作しました。最後に打ち上げまで行いました。

有水 勝一郎
14:35~15:30

星砂で星座絵をかこう

最初に、星座についてその始まりや黄道12星座、夜空での探し方のコツなどを紹介しました。その後、あらかじめ聞いておいた参加者(子ども)の誕生星座絵パネルの星の部分に、木工用ボンドを使って星砂を付ける工作を行いました。最後に星砂に蓄光用ペイントを塗って完成しました。12月10日の皆既月食や12月15日に極大を迎えるふたご座流星群の話題なども紹介しました。

井手 学
ページトップへ