“活動を知る” に戻る

2011年度 徳島県板野郡

<主催>

あすたむらんど徳島
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

<開催日時>

平成23年10月2日 10:00~12:30 

<開催会場>

あすたむらんど徳島 子ども科学館 多目的ホール

<開催所在地>

徳島県板野郡

<対象>

幼児~小学2年生

<応募人数>

43名

<参加人数>

59名

<参加費>

無料

プログラム

時間
プログラム内容
担当講師
10:10~10:20 11:30~11:40

はじめのお話

あすたむらんど徳島で4回目の実施となりました。「かさ袋ロケットをつくって飛ばそう」を実施しました。はじめに教室の内容について説明し、続いて教材DVD「飛ぶ科学」を視聴しました。10:00スタートの計画でしたが、遅れてくる方が多かったため10分遅れで開会しました。

田村 耕二
10:20~10:30 11:40~11:50

かさ袋ロケットについて説明

かさ袋ロケットについて、完成した現物を見せて説明しました。予め、空気を入れただけのもの、フェアリング(紙コップ)を先端に付けたもの、フェアリングと翼の両方付けたもの、3種類を作っておき、同じように飛ばして飛び方の違いを見ました。

田村 耕二
10:30~10:50 11:50~12:20

かさ袋ロケットの製作

作り方を説明し、実際にかさ袋ロケットを作りました。できあがった参加者から実際に飛ばしました。子どもたちは飽きることなく、何度も飛ばしていました。ビニールテープを巻いて飛び方の違いを実験する家族もいました。

田村 耕二
10:50~11:00 12:20~12:30

終わりのお話

風見鶏は時間の関係で工作はできませんでしたので、説明だけ行いました。今回学習した内容をおさらいし、参加者一人一人に「宇宙まなびの証」を授与して終了しました。

田村 耕二
ページトップへ